2010年05月07日

女性の力

皆様、お早うございます。
今日の雑感。
最近つくづく感じるのは、世の中女性でモッテいると。
事業仕分け然り、購買力然り、家庭内のリーダーシップ然り(泣)。
運動公園を所管する責任感の強いH女史はたいしたのもで、下手な男性職員より数段上をいっているが、心労は相当なもの。
問題は今まで抱えてきた無責任体質、所謂、無謬という点。
これが男社会の中でまかり通ってきたこと自体おかしいのでは。
「男だったらしっかりやれよ」って言いたくなるのをグッと堪えて仕事をするのはつらいよね。

男性が女性化?

いやいや、そもそも原始、生命は♀だけだったわけだから。
遺伝子の欠陥品が♂と言っても過言ではないわけで。
その意味では正しく、できそこないの男たち

生物学的にも自然の摂理では、男女の比率が男↓女↑となり、新たな突然変異がなければ女性だけの世界になってしまうということ。
種を保存するために女性が進化を続けているのは言うまでもなく、そのうち男性不要、つまり雌雄同体の生殖機能を持ってるウミウシやカタツムリ、ナメクジと同じ仲間になる可能性もあるかも(笑)。
笑いごとではないぜよ(龍馬風)。

ちなみに、カタツムリはお互いの相手の体内に生殖器を差し込んで受精。その射精を促す器官の名前は恋刺嚢(れんしのう)。
雌雄同体でも2匹必要。

きっと男を保つためには、スリコミ(Imprinting)が必要なんだね。

悲しい性(さが)。


posted by ツッキー at 09:46| 新潟 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。